プロジェクトマネージャー(PM)が気を付けるべき3つの要素

PM


こんにちは、砂肝さんです。

今回はプロジェクトマネージャーが意識すべき3つの要素についてお話していきたいと思います。

プロジェクトマネージャー(PM)とは主にシステム開発業界でプロジェクトの進行・管理・コントロール・品質・納期などのプロジェクト全般の工程を担う重要なポジションの役職になります。

ただ、この記事を読んでいただいている方の中には

・そもそもシステム関連の仕事をしていない
・システム開発業界にいるけどPMのポジションではない
・PGやSEには興味があるけどPMなんて興味がない


といった方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、PMの仕事とは会社や組織で自分以外の誰かと一緒に仕事をする全ての人が当て嵌まる内容であると言えます。例えそれが高校生のバイトであろうが、主婦のパートであろうが、契約社員・派遣社員・正社員であろうがです。


なのでPMでない方も是非一読してみてください。

この記事の内容が分かりにくければ、別のサイトやブログの記事を参照して貰っても全然OKです。世の中にはPMの仕事についてブログや書籍、SNSなどで発信されている素晴らしい先人達が沢山いらっしゃいます。

砂肝さんもPMとして彼らから知恵・経験・技術を自分の中に落とし込んで、皆さんと共に成長できるように日々精進していきたいと思っています。

PMが気を付けるべき要素その① レスポンスの早さ


PMが気を付けるべき要素その①はレスポンスの早さです。

職種に関わらず仕事をする上ではコミュニケーションが重要である事は皆さんも認識されていると思います。

しかし砂肝さんの経験上、コミュニケーションそのものには問題がないものの仕事上での質問・要望・意思決定などに対して著しくレスポンスが悪い方がいらっしゃいます。

これは社会人としても問題がありますし、特にPMに取っては致命的とも言えます。

PMの最重要任務はプロジェクト全体が円滑に進むようコントロールする事です。
他にも工数・進捗管理、品質管理、ステークホルダーに対する説明責任など様々な役割を担います。しかしそれらはあくまでプロジェクトが問題なく進行していることが前提です。

PMがボトルネックになってしまうとプロジェクトが停滞してしまいます。
そのため一早くレスポンスを返すことが重要となるのです。

何も常に脳をフル回転させてリアルタイムに正確無比な回答をする必要があると言っている訳ではありません。すぐに判断のつかない事柄に関しては精査・検討して返答しても良いのです。
あくまでレスポンスを早く返すことを意識するだけです。

例えばAさんから「Xという製品はαという技術を利用して実装したいが問題ないか?」という質問を受けたとします。その際、αという技術を利用することに対する弊害があることを既に知っているのであれば、その点に関してAさんに説明し、回避方法の提示を要望したり別技術の利用を検討してもらうなどの対策が打てます。

しかし、αという技術に対して弊害が特には見当たらないものの、システムの根幹に関連するようなものである場合は1度有識者を交えた上で協議を重ねるべきでしょう。

ではどうすれば良いか。
単純です。

Aさんに一早く「αという技術を利用することに対して弊害がないか検討する機会を設けたい」と伝えるのです。

そうすることによって、Aさんは「自分の質問に対してきちんと検討してくれている」と思う訳です。これによってAさんとの間に信頼関係が結ばれると同時にAさん自身もαという技術を利用する上での問題点がないか調査を始めることとなりAさんの業務が停滞しなくなります

もしPMであるあなたがいつまで経ってもレスポンスを返さなかったらどうなるでしょうか?
私がAさんの立場であれば「レスポンス悪いけど、きちんと検討してくれているのかな?業務進まないけどどうすばいいのこれ?」と考えます。

PMが気を付けるき要素その② 知識や技術の吸収


PMが気を付けるべき要素その②は知識や技術の吸収です。

プロジェクトには過去のと全く同じ条件であるものはまず存在しません。
それはプロジェクトに関わる人であったり利用する技術であったりと要因は様々ですが、とりわけシステム業界は技術の移り変わりが激しいため、過去の技術のみを糧にPMとして生き抜いていく事はかなり難しいと言えます。

では、最新技術を常に追い続け常に現役エンジニアと同レベルの技術力を有していなければいけないかと言われればNoであると言えます。(もちろん技術力があるに越した事はありませんが。)

実際現場で日々ゴリゴリとソースを組み上げているエンジニアに技術力で勝る事は至難の技です。翔陽の藤真(スラムダンク)のような監督(PM)兼エース選手(スーパーエンジニア)は特別な才能のある超優秀な人材なので一般人が努力のみであのポジションに立つ事はまず無理だと思った方が良いです。

じゃあどうすれば良いかというと、最低限自分が管轄するプロジェクトで利用する技術について基本的な知識と技術を吸収するのみです。

その際大事な事は可能な限り自分で完結させる事です。

なぜ自分で完結させることが重要であるかというと、例えばプロジェクト関係者などから教えてもらうと相手の貴重な時間を奪うことにもなるため、自分が調べたり勉強したりすれば済む話であればそれに越した事はないからです。(ただし相手の時間を奪ってでも抑えた方が良いのであれば、頭を低くして教えを乞いましょう。)

実は世の中には知識はある程度あるもののエンジニアとしての技術力がほぼ皆無であるPMという方々が一定数いらっしゃいます。理由としては元々エンジニア向きでなくPMを選択された方や元々はエンジニアだけどずっとPMばかりをしてきたが故にエンジニアとしては活躍することが難しくなった方など様々です。実際砂肝さんの過去の同僚などにもいました。

このような方々は周りのエンジニアに平身低頭して円滑にプロジェクトが進むよう努力されていたりして感心はするのですが、自助努力して知識や技術を獲得しているPMの方が信頼できますし何より話がスムーズに進むので自然とプロジェクトも円滑に進みますよね。

PMが意識すべき要素その③ 我儘を押し通す力(by範馬勇次郎)


PMが気を付けるべき要素その③は我儘を押し通す力です。

世の中綺麗事ばかりではありません。

時には社内メンバー・ベンダー・上層部・顧客といったステークホルダーと意見がぶつかったり、別れたりする事もあります。

ではその際に周りの意見ばかりを気にして、Yesマンになれば良いかといばそれは断固として違うといいたいと思います。

周りの意見に同調することばかりに気を取られて自分の意見がそこにないという事はプロジェクトをコントロールすることを放棄したも同然です。放棄するとどうなるかというと責任を持たなくなります。

PMはプロジェクト全体の責任を負います。

あらゆる方面から槍玉に挙げられながらも最終的な責任は負うという不遇なポジションです。
しかしこれらはPMという役割を担っている以上、避けては通れない道なのです。

避けられない以上は自分でプロジェクトをコントロールするのみです。

ただし、我儘であるという事と自分勝手に物事を進めることは全くの別物であることを認識しておいてください。
あくまで協議を重ねた上で意見がまとまらない場合は、責任を持って意思決定していくことがPMの役目であり仕事であるということです。

最後に


今回はPMとして認識すべき3つの要素と題してお伝えしてきました。

PMは本当に辛く、報われにくいポジションです。

ですが、先にもお伝えしました通りプロジェクト全体をコントロールする重要な役割を担っていて、嫌でも成長できるポジションでもあります。

砂肝さん自身もPG、SE、PL、PMという職務を経歴して1番成長を感じ取れることができたのはPMというポジションです。

現在PMである人やこれからPMを目指す方は是非PMというポジションを楽しんでください。

間違いなく成長できますよ!


PMが担う仕事や役割、方法論や技術論はまだまだ他にもたくさん存在します。
今後さらに詳細な内容についてピックアップしていきたいと思います。


それでは最後までご覧いただきありがとうございました!